Posted by at

2013年01月23日

お仏壇処分ってどうするの??

ご依頼のなかでよくあるのが


『お仏壇の処分』


理由として
・空き家にそのまま置いてある(新居に新しいお仏壇を購入した)
・他のお仏壇を買って、古いお仏壇は倉庫にある
・息子に譲りたいが仏間に合わず新規購入。今までお仏壇が眠ったまま。


などがある。

ご先祖様が大事にさてお仏壇です。
生きている人からすれば処分しがたいもの。

そんなお客様に安心していただくように
当社ではお引取り後、お寺で供養し処分いたします。
「供養はしているから、処分だけ」
「自分でお仏壇持ってくるから供養と解体処分を」
などさまざまなケースで承っております。

詳しくはこちら↓
http://www.jobido.jp/moving/

不明な点があればご相談ください。


ご先祖とご家族を大切にされるお客様のお手伝いをさせていただいております。


●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o○o.●.。●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o○o.●.。
九州で実績500件超の施工を誇るNo1の仏壇リフォーム店です。
他社に負けない強みはオンリーワンの再生技術で、よくお客様からは
「こんなにきれいにしてもらってありがとう」と褒められます。
これからもお客様の「笑顔 喜び 感動」の提供を目指してチャレンジしていきます。
ぜひ仏壇に関することは何でも相談してください。
●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o○o.●.。●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o○o.●.。
浄美堂 
〒818-0110 福岡県太宰府市御笠1-13-1(工房)
電話番号 092-929-2514  fax番号 092-929-4928
e-mail info@jobido.jp
http://www.jobido.jp
●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o○o.●.。●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o○o.●.。


  


Posted by お地蔵さん at 21:56Comments(0)その他

2013年01月21日

お仏壇移動はご自分で、お掃除依頼承ります。

ご両親がお仏壇の管理ができなくなりお子さんが引き取ることがあります。

ただ、お仏壇の汚れが気になる・・・。
自分の家でお祀りするのだから、キレイな状態にしたい。

そこで比較的お若い方は
自分でお仏壇持ち出し、当社工場に持ってこられて掃除を依頼していただくことがあります。

1週間後キレイになったお仏壇をお客様がお持ち帰りなります。

お仏壇移動のみだったり、移動+掃除orクリーニングが多いのですが
このような形でもサービスは可能です。


お仏壇の引越を機にご先祖供養されるのも良いかと思います。  


Posted by お地蔵さん at 20:11Comments(0)その他

2013年01月17日

お仏壇のお引越し

お客様の依頼として、最近多くなってきているのが
お仏壇のお引越し。

ご両親がお仏壇の管理が大変になったり、他界され引き取ることがケースがあります。

やはり、現代の住宅事情により半間仏間より小さいもの引越がほとんどです。

いわゆる一間仏間(大型仏壇)の引越は少ないです。

お仏壇リフォームのプロが丁寧にお仏壇をお運びいたします。

お仏壇はもちろん、お仏具・写真など丁寧に梱包します。

また、吊灯篭をぶら下げたままでの持ち運びはお仏壇を傷つけることがあります。
配線をはずして、再度取り付けいたします。





ただ、せっかく引越するのだからお掃除(ホコリをはらい、艶をだします)や
この際リフォームして新品に近いお仏壇をお祀りする方もいらっしゃいます。

せっかく、新たにご先祖をお迎えになるのですから
お掃除もしくはリフォームすることでご先祖供養になります。


  


Posted by お地蔵さん at 20:33Comments(0)その他

2012年10月06日

新聞に掲載されました。

10月1日の西日本新聞の都市圏版の風という欄にて

当社と代表の生い立ちなどを紹介しております。



「新聞記事読んだよ~」と
わざわざお電話いただいた方。


ちょうど、追加分を納品させていただいたお客様から
無口なお父さんが朝早く「仏壇屋さんが大事ばい!!」と
奥様をたたき起こしたようですface08

わざわざご連絡いただき、大変恐縮でありますが
嬉しいがきりです。ありがとうございます。


この記事を読んで、見積もり依頼や相談件数も増えました。

なかなか電話番号がわからず、やっとこさ連絡いただいた方もいらっしゃいました。

たくさんのお客様とお話できたことが財産となります。
ありがとうございます。

自分たちでは伝えきれないことを第3者(しかもプロ!)に書いてもらうと
言葉が生き生きしてきますね。

改めて、この記事に恥じない仕事そして
さらなるお客様満足を目指そうと思いました





  


Posted by お地蔵さん at 11:39Comments(0)その他

2012年04月18日

盆栽台修理

電話帳から当社を探してお電話いただいたお客様。

『盆栽の台が色あせて、枠が外れかけているので直せないか?

展覧会の出展で使いたいので・・・。』




ということで


修理。


まず、色あせた塗料をはぎます。



奥が元の色あせた状態。


目の粗いヤスリではぎ落とし、徐々に目の細かいヤスリを使い
表面を整えていきます。

そうすることで、塗りがキレイに仕上がります。



そして
塗料を刷毛で塗ります。




お客様はさまざまな角度から仕上がりを確認して

『さすが、プロやね。』

と言われて、御帰りになりました。




ご依頼ありがとうございます。

少しでも盆栽が引き立てができるば幸いです。

  
タグ :修理盆栽


Posted by お地蔵さん at 20:00Comments(2)その他

2012年04月13日

これっ、ロウソク??

お仏壇のリメイク・修理・修復のPRをイベントや展示会にて
参加させていただいております。

多くのお客様とのお話しすることで
小さなお困りごとなど多くの情報をキャッチできる場であります。

そこで今年はひとりでも多くのお客様とのお話しをさせていただきたく・・・

目立つんですicon14これがicon77




故人の好物シリーズ屋台icon59



生ビールやワンカップ、お寿司など・・・。

ぜ~~んぶロウソクです!!


「初めてみました!」
「腐らないからいいね!」
「インテリアでもいいね!」
「飲みごとの話題づくりに」(?!)


お仏壇・納骨堂など
さまざまなところで活躍できます。

火も灯せますが
そのままお祀りされる方が多いです。

珍しいので
2,3個買われるお客様が多かったです。


ぜひ、当社の工場にて販売しておりますので
ご来店お待ちしております!!

こんなに種類があります↓
http://rosoku.kameyama.co.jp/senmonten_rousoku/koubutsu.html

納品などで出払うことがありますので
連絡いただけると助かりますicon23
092-929-2514




開店前の展示会の様子。
イベント・展示会・販売会など・・・、ちょっとして話題づくりに
当社にご連絡いただければ幸いです。face01


  


Posted by お地蔵さん at 17:47Comments(0)その他

2010年07月21日

当社のキャラクター

洗浄士協会会員さんのキャラクターが誕生しました!!


当社は・・・



地蔵の私は代表の頭の上に・・・face08


皆さん、それぞれ特徴のあるものを格好・道具を持っています。


とてもかわらしいデザインで
身近に感じるお仏壇クリーニング屋として
親しみをもっていただけたらと思いますface01





  


Posted by お地蔵さん at 12:00Comments(0)その他

2010年07月19日

当社の工場の名物

暑いときになんですが・・・。
より汗をかいてもらって、涼しくなってもらいたいと思いますface03






工場に訪問に来られる方は先ず真っ先に
お仏壇よりも・・・・

この暖炉に目がいくひとが多い。






もう動かない暖炉ですが
このごろ見ないものなのでものめずらしいようです。


ここはアトリエとして使っていた場所で
小物などたくさんあって時代をかんじる工場です。


ちなみに1年中見物できますよicon23  


Posted by お地蔵さん at 12:00Comments(2)その他

2010年04月04日

提灯屋さん訪問

八女の提灯メーカーにお邪魔しました。




初盆などにお飾りする提灯もさまざま。


●提灯のかたち

・御天丸(ごてんまる)・・天井からぶらさげつ丸い提灯【写真上】
・大内行灯(おおうちあんどん)・・足のついた提灯【写真下】



・住吉(すみよし)・・・天井からぶらさげる長い提灯


写真を撮ってなかったです・・・。

・門提灯(かどちょうちん)・・表玄関にかざります。




●絵柄
・二重(内は紙張り、外が絹張り)明りは白熱灯で柔らかい。


・絹張りのみ。明りは透明タイプの白熱灯で十字に光ります。



昔から安定的に売れているのが
「山水」「三重・五重の塔」。
女性はカラフルな花柄が人気だそうです。


行灯、住吉、御天丸はお仏壇の前に飾ります。

特にこれを飾りなさいと決まりはないです。

ご家族が御満足される飾り方で
ご先祖様は喜ばれることでしょう。




  


Posted by お地蔵さん at 21:22Comments(0)その他

2009年12月05日

ふくおか経済12月号 日本洗浄士協会

ふくおか経済12月号

日本洗浄士協会の会員の
相互のクリーニング技術向上と
消費者へに情報提供として、

当社のお仏壇ツアーの取材が
掲載されました。







これからもお互いの技術を提供して
お仕事につながると思います。


さっそく、
お仏壇ツアーにもきていただいた
ダイワスさん の技術を用いて
お仏壇クリーニング中!


洗浄士協会、活発になってきています!!  


Posted by お地蔵さん at 12:42Comments(2)その他

2009年11月23日

ふすまの欄間クリーニング

お仏壇クリーニング専門店ですが

木を扱う仕事です。

欄間のヤニやホコリもクリーニングいたします。
屋久杉の欄間です。



Before

After




Before

After

側は
カンナでこびりついた汚れやヤニをそぎ落とします。

彫刻部分は
特殊液材を使用して丁寧にブラッシングします。


汚れが落ちると
杉の香りがしてきました。

杉の香りは人間の心を落ち着かせる
すばらしい効果も持ちあわせております。




  


Posted by お地蔵さん at 17:30Comments(2)その他

2009年09月22日

日本洗浄士協会

先日「洗浄士協会」の
hanabusa ドトーのランナーさんとほりねこ院長さんが
当社にお越しくださいました!!


日々お忙しいところ
ありがとうございます。


当社の代表とは
初対面でありましたが
話もはずんだ様子。


ほりねこ院長さんのブログに
ご紹介いただきました。

ありがとうございます。

昨日の「洗浄士協会」の取材がKBCTVがきた模様。
hanabusa ドトーのランナーさんブログから
詳細あります。


9月28日KBC九州朝日放送の
「スーパーJチャンネル 九州・沖縄」
「KBCニュースピア630」
に5人の洗浄士たちの日ごろのお仕事など
5分程度流れるそうです!!

ご興味のある方は
ご覧ください!!
  


Posted by お地蔵さん at 09:47Comments(2)その他

2009年09月14日

新聞掲載されました!

昨日、読売新聞にて























プロに知恵で品物を長持ちさせるクリーニングの特集が
掲載されました!

「洗浄士協会」が発足され、扱い商品が違いがあるものの
同じ志をもった人と協力しあうことは素晴らしいことだと感じております。

http://senjoushi.org/


本日、新生活産業クラグのプレゼンに
「洗浄士協会」話されるということで
拝聴させていただきました。


合い通づるところが多々あり、
協会の方々と「洗浄」についてお話できて
楽しい時間を過ごさせていただきました。

ありがとうございます。

協会の皆様ブログ↓
http://hanabusa.yoka-yoka.jp
http://holisticdentalclinic.yoka-yoka.jp/
http://acsave.yoka-yoka.jp/
http://kanakanatatsutatsu.yoka-yoka.jp/
  


Posted by お地蔵さん at 22:51Comments(7)その他

2009年06月23日

お盆提灯をかざりましょう









































お盆に飾る盆提灯は仏様やご先祖様、故人の霊が迷わず
行き来するための道しるべです。



特に初盆を迎える家庭には親戚や子供、友人知人から送られた
色とりどりの「盆提灯」が飾られ御供えも盛大になり
いつものお盆よりにぎやかになります。


飾る時期やかたずける時期は地域によって異なりますが
一般的にお盆の月の1日、もしくは七夕の7日ころに飾りはじめ
13日び迎え盆からあかりを灯しはじめます。
お盆が明けてから、かたずけます。

飾られる盆提灯の数は故人がいかに慕われていたかを
あらわすものでもあります。
生前親しかった人やお世話になった人が亡くなった際は
初盆にその故人の感謝の気持ちをこめて盆提灯を
贈りましょう。  


Posted by お地蔵さん at 11:47Comments(0)その他

2009年06月23日

提灯販売

もう6月下旬になりました。

梅雨といってもさほど雨は降らず

ダムの貯水率も気になるところであります。


さあ、お盆近づいております。

まだ、準備なんて・・考えられない方もいらっしゃるかも
しれませんが・・・。


当社では八女盆提灯の販売もしています!!

お仏壇の修理やクリーニングしているなかで
お客様のご要望に対応できるように
努めております。



http://www.jobidoshop.jp/img/cyouchin/cyouchin1.pdf


パンフレット価格の30%引きでご案内しております。

(追加オプション)
家名:1000円
家紋:1500円
電池式ロウソク灯(門提灯のみ):2000円


詳細はメールか電話にてお問い合わせください
mail:info@jobidoshop.jp
TEL:0120-36-8585
  


Posted by お地蔵さん at 11:25Comments(0)その他

2008年07月17日

お中元の始まり

お中元は
近親者やお世話になった人、取引関係など
感謝と敬意のしるしとしての贈るものと
今はされています。

始まりは
ご先祖様に感謝と敬意のしるしとこれまでの罪滅ぼしのため、
8月15日(関東地方や熊本は7月15日)までに御供え物を贈答する
ならわしになったそうです。



もともと、中元の始まりは
中国で六朝時代「3元」という考え方が
広まりそれまで正月元旦を
「歳の元・時の元・日の元」と呼んでいましたが
このころから仏教や道教の影響を受け
新しい「三元」上元1月15日、中元7月15日、下元10月15日の
考え方が普及したのです。
そしてこれらの日は罪を贖う日とされ
天子へ金や物を捧げて罪滅ぼしをすることが
行われました。


特に中元は人を愛し、その罪を許す神とされた「地宮」を祭り
これが日本に伝わると同じ7月15日(陰暦)であった
盂蘭盆会(うらぼんえ)と重なりいつの間にかお盆の贈り物(お中元)と
中元がいっしょになったそうです。

盂蘭盆会(うらぼんえ)とは
死者の霊あこの世を訪ねてくるとして焚かれるのが迎え火のこと。


お中元とお歳暮年二回、
日頃お世話になっている人、ご先祖様のことを
思って気持ちをモノに変えて敬意を表すというのは
日本ならではの風習だそうです。


感謝する気持ちを忘れないことを
再認識する時期なんだなぁと私は思います。










  


Posted by お地蔵さん at 08:06Comments(0)その他

2008年07月06日

七夕の夕べ

浴衣を自分で着て

和流ルネッサンス倶楽部の文月の会に
参加しました。

ブッフェ形式でライブや江戸しぐさのお話など
盛りだくさんでした。

ライブは2つありました。
食事前に
朗読研究家寿咲亜似(スサキ・アイ)さんと
福岡出身の横笛プロ奏者、藤舎元生(トウシャ・ゲンショウ)さんが
コラボして七夕の由来を民話で聞かせていただきました。


時折、話の内容ツッコミをいれる亜似さんのお話が
印象的でした。

それは
水浴び中の一番川下いるおり姫(7人いたそうな)の
着物を盗み、『返す代わりに嫁になれ』
と牛飼は言う。

亜似さん
「そげんこと、急にいわれてもねぇ・・・。
 でもこれは民話ですので」


おり姫
『・・・はい』(かわいらいお声で)
亜似さん
「即答かい!!」

みたいな語りでした。
横笛も話のアクセントとなって
引き込まれました。

もうひとつは会の終盤に
大濠三味線の吉永さん。
ピップホップを愛する青年で
力強さと軽快さが音にでていて
初めて生で三味線を聞いたので
迫力ありました


会の中盤には
和流ルネッサンス倶楽部会長 
浜田安代先生が江戸しぐさのお話を。


1.目の前の人を仏の化身と思える(相手をかけがえの無いものとしてつきあえる)

2.時泥棒をしない(約束は守ること。断りなく相手の時間を奪うのは、弁済不能の十両の重罪)

3.肩書きを気にしない(職業・学歴・年齢→三脱の教え)


このような”しぐさ”をみんながしていたから
江戸時代が270年も平和でいれたんだなぁと
思いました。

では早速
”しぐさ”で表そう!!
仏の化身である皆々には・・・・icon74



笑顔は誰でもできます。

ハッピーな気持ちになれる、してあげられる、してもらえる。

むずかしい顔は誰もよってこない。

心も笑える。

人間だけがある笑顔を大切にしよう。

このシールは
浜田先生が考案したものです。
参加者全員にプレゼント!!
太っ腹であります。
ありがとうございます。

私は
固紙に貼って手帳のしおりにしました。

洗面所や工場の目立つところに
貼りたいと思います。



楽しいお時間をありがとうございます!!

寿咲亜似さんHP http://www10.plala.or.jp/susakiai 
藤舎元生さんHP  http://yokobue.info/
和流ルネッサンス・笑顔シールについてはhttp://www.yunasa-juku.com/

  


Posted by お地蔵さん at 14:53Comments(1)その他

2008年02月02日

はじめました(^。^)y-.。o○

はじめまして。

初めて、ブログを書きます。

目標は

『続ける』こと。

3日坊主にならないために
文章が短くとも

『続ける』


そんなわたしは
お仏壇クリーニング・修理専門「浄美堂(じょうびどう)」で
家業の手伝いをしています。

初めてお会いする方に
「お仏壇クリーニング・修理しています」
というと・・・・。


「へっ?!お仏壇ってクリーニングって・・ただ拭いて終わりじゃないの」
「仏具とかどかして、お掃除するのは面倒で、あんまり扱ってないわ」
「お盆やお正月前に少し掃除するだけ・・時間もないし・・」
「古くなって新しい仏壇買おうかなって思ってたんだけど・・」
「うちのお仏壇どうなってるかなぁ・・・」
etc・・


しかし、みなさん最後に共通して言うことは


「知らなかったわぁ・・・そういう仕事があるんですね」


と反応がかえってきます。


そんなお声を頂くと
少しでも
お仏壇のクリーニングや修理をして
キレイに祀ってもらいたいのです。

お仏壇は
『家族の歴史』そのもの

なのです。


これから、
お仏壇の修理の話のほか、
日常のおもしろ話があれば、書いていきたいと思います。







  


Posted by お地蔵さん at 18:01Comments(1)その他